更新のみの場合

運転免許の有効期間は、最初に運転免許を取得した場合は3年間で、有効期間欄の地色は緑色となっています。
運転免許を更新する場合には、事故と違反の有無により有効期間が変わってきます。
免許を受けていた期間が5年以上あり、無事故・無違反であれば優良運転者とみなされ、有効期間欄の地色がゴールドになります。
70歳未満の人は有効期間は5年で、70歳の人は4年間、71歳以上の人は3年間と定められています。
免許を受けていた期間が5年以上で、事故は起こしていないものの、軽い違反を1回のみした場合は一般運転者とみなされ、有効期間は5年ですが期間欄の地色は青色になります。なお、それ以外の運転者は、年齢問わず有効期間は3年です。
運転免許の更新のみの場合、住所地を管轄する運転免許センター・警察署にて更新手続きを行い、その際は運転免許証・更新連絡書・印鑑などを持参します。
視力検査や講習を受講する前に手数料を支払わなければならず、手数料は講習区分により異なります。視力検査を通過した後、講習を受講することになりますが、事故と違反の有無により講習時間は変わってきます。
初回講習の場合は2時間で、優良講習であれば30分のみの講習で済みます。

コメントを受け付けておりません。